活動報告

お知らせ

トップ

いのちを守る都市づくり コミュニティ防災フォーラム2023

2023年2月18日に大阪公立大学杉本キャンパスにて「いのちを守る都市づくり コミュニティ防災フォーラム2023」を開催しました。本フォーラムは主催が大阪公立大学都市科学・防災研究センター(UReC)、共催が自然災害研究協議会近畿地区部会となります。大阪公立大学の櫻木副学長から大学全体の取り組みとUReCの位置づけについて説明がありました。基調講演は元京都市副市長でレジリエント・シティ京都市統括監の藤田裕之氏から「京都発!レジリエント・シティへの挑戦と課題」と題して講演いただきました。藤田氏からはレジリエンスの基本から、京都市でのレジリエント・シティの取り組みを紹介いただきました。歴史があり伝統・文化都市であることはもちろん、環境都市でもある京都市において、SDGs関連の取り組みと連携したレジリエント・シティの取り組みが特徴的と感じました。基調講演の後はUReCのメンバーも交えたパネルディスカッションとなりました。防災だけでなく、コンフリクトやインクルージョンの視点からもレジリエンスを議論し、レジリエント・シティには多様な視点が必要であることを改めて認識しました。レジリエンスの理念を基に、持続可能なコミュニティを考える上で大変貴重な機会になりました。

災害メモリアルアクション神戸 2023

人と防災未来センターは、京都大学防災研究所自然災害研究協議会近畿地区部会と共催で2023年1月7日(土)に、「災害メモリアルアクションKOBE2023」を人と防災未来センターで開催しました。兵庫県立舞子高等学校、②滋賀県立彦根東高、③TEAM-3A(チーム トリプルエース)、④国立明石工業高等専門学校 D-PRO135°(明石高専防災団)開発チーム、⑤国立明石工業高等専門学校 D-PRO135°(明石高専防災団)地域連携チーム、⑥神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科 安富ゼミ、⑦神戸学院大学 クローズアップ社会研究会、⑧関西大学 社会安全学部 奥村研究室、⑨兵庫県立大学防災リーダー教育プログラムチームによる「神戸の言葉」をテーマとした災害による被害を減らすための様々な活動についての発表がおこなわれました。ひきつづいて、パネルディスカッションテーマ:「『創る』をシェアすると・・・」がおこなわれ、国立明石工業専門学校の本塚智貴さん、人と防災未来センター 研究員 林田怜菜さんのコーディネイトにより、発表した団体のメンバーとともに、その「創る」をシェアすることで活動に新たな化学反応が生まれ、拡がりをより勢いづけるのではといった観点から議論を行いました。

第12回巨大津波災害に関する合同研究集会

関西大学社会安全学部は、京都大学防災研究所自然災害研究協議会近畿地区部会と共催で2022年12月22日(木)、23日(金)に、「巨大津波災害に関する合同研究集会」を開催しました。本研究集会は、津波災害に関する研究に取り組む様々な分野の研究者や学生による学術的な交流を通じて、津波研究の発展と防災・減災に資することを目指して、2011年から毎年開催されています。

本研究集会では6セッション計34件の発表がありました。津波避難、防災教育などの社会科学的研究、津波数値解析モデルや被害予測手法などに関する工学的研究、津波堆積物や海底地すべりによる津波励起などの地質学・地形学的研究に加えて、2022年トンガ津波のメカニズム解明に向けた理学的研究、さらには、我が国における津波予報業務の展望や津波高、浸水域、被害のリアルタイム予測に対する新手法の提案などの内容について発表が行われました。日本各地から、対面で57名、オンラインで70名、合計127名が参加し、活発な議論が行われました。

【開催報告】災害メモリアルアクションKOBE2022

人と防災未来センター・京都大学防災研究所は,京都大学防災研究所自然災害研究協議会近畿地区部会と共催で2022年1月8日(土)に,「災害メモリアルアクションKOBE2022」をオンラインで開催しました.

当初は人と防災未来センターで開催(リアルタイム中継あり)する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため,オンライン開催のみに変更になりました.

①兵庫県立舞子高等学校、②兵庫県立明石南高等学校、③滋賀県立彦根東高等学校、④国立明石工業高等専門学校 D-PRO1 350(明石高専防災団)開発チーム、⑤国立明石工業高等専門学校 D-PRO1 350(明石高専防災団)地域連携チーム、⑥神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科 安富ゼミ、⑦神戸学院大学クローズアップ社会研究会、⑧関西大学 社会安全学部 奥村研究室、⑨兵庫県立大学防災リーダープ教育プログラムチームによる「神戸の言葉」をテーマとした災害による被害を減らすための様々な活動についての発表がおこなわれました。ひきつづいて、パネルディスカッション「わたしたちが「聴く」ことって・・・」がおこなわれ、京都大学防災研究所 巨大災害研究センターの中野 元太さん、人と防災未来センター 研究員 林田怜菜さんのコーディネイトにより、発表した団体のメンバーとともに、未災者が「聴く」ということについて考えました。

【開催報告】斜面災害シンポジウム ―近年の激甚化する斜面災害からのリスクを低減させるためにー

公益社団法人地盤工学会関西支部 斜面災害のリスク低減に関する研究委員会は,京都大学防災研究所自然災害研究協議会近畿地区部会と共催で2021年12月24日13:00~17:00に,「斜面災害シンポジウム ―近年の激甚化する斜面災害からのリスクを低減させるために」をzoomウェビナーによるオンラインシンポジウムを83名の参加で開催いたしました.

 地盤工学会関西支部斜面災害のリスク低減に関する研究委員会では,斜面災害に関するリスクを低減するための情報収集と分析に関する技術,斜面安定化対策に関する技術,リスク低減に関する技術情報の普及と教育等について最新の情報を共有し,実務に供し得る新しい価値を生み出すことを目指した研究活動を行うことを目的に2018年4月から活動してきました.本シンポジウムでは,関西大学の近藤誠司准教授をお迎えして,防災実践のアクション・リサーチと題して地域,地区防災活動にかかわる取り組みについてご講演いただきました.また,委員会で進めた調査研究成果について,情報収集と分析に関する技術について大阪大学 小泉圭吾助教,斜面安定化対策に関する技術について,神戸市立工業高等専門学校 鳥居宣之教授,リスク低減に関する技術情報の普及と教育等について,関西大学 小山倫史教授から委員会での取り組みについてご報告いただきました.つぎに,今後、斜面災害のリスクを低減させるためにどのような取り組みを行っていくべきか,神戸大学 芥川真一教授をコーディネータ,パネラーとして,近藤誠司准教授,小泉圭吾助教,鳥居宣之教授,小山倫史教授,株式会社ダイヤコンサルタントの鏡原聖史氏,オンラインで参加しているみなさまと一緒に議論いたしました.一連の議論をもとに委員会からの斜面災害のリスク低減させるための提言(案)を再度整理して,まとめることとしました.

最後に,地盤工学会関西支部 支部長の束原純氏に閉会の挨拶をいただきました.

 

【開催報告】阪神・淡路大震災25周年
災害メモリアルアクションKOBE 2020-神戸のことばー

災害メモリアルアクションKOBEでは震災から20年が経過した2016年から、阪神・淡路大震災から学んだことを、これから大震災を経験するかもしれないすべての人びとへ繋いでいく活動を行っています。
震災を経験していない若い世代の学びの共有・議論、さらに「子どもに音楽を送る会 福島しあわせ運べるように合唱団」による合唱、震災から25年を迎えることから「向き合い続けた25年、これから」と題したパネルディスカッションを開催しました。

 

詳細(外部リンク)

当日の様子

大阪市立大学都市防災教育研究センター コミュニティ防災フォーラム2020

2020年2月15日(土)に、大阪市立大学杉本キャンパス 学術情報総合センター1階 文化交流室において「コミュニティ防災フォーラム2020」を開催しました。 大阪市立大学では、2011年3月11日の東日本大震災以後、直ちに都市防災研究プロジェクトを立ち上げ、2015年3月1日に全学的な文理融合の組織である当センターを設立し、地域防災リーダーの育成や防災拠点の整備、自助・共助による防災力の向上を目指し活動してきました。 その活動報告と成果発表の場として、コミュニティ防災フォーラム(旧名称:地域防災フォーラム)を2013年から開催しています。 今回のフォーラムでは、東京大学 生産技術研究所 教授の加藤 孝明氏から、「地区防災計画づくりの経験の共有:到達点と課題」をテーマとした基調講演で、各地での先進的な取り組みなどをご紹介いただきました。 また、住之江区と共同で行っている地域防災力強化事業に関する報告、ネパールとの連携活動についての発表、地区防災計画と防災人材育成に関するパネルディスカッションを行いました。 最後には、それらの取り組みに関して外部評価委員などによるコメントもいただき、2019年度のセンターの活動の総括となる内容でした。 参加者は、連携している大学関係者、行政関係者、地域防災に関心のある地域住民、学生など48名となっています。   基調講演 【プログラム】 1. 開会あいさつ 大阪市立大学 学長補佐 宮野 道雄 2. 来賓あいさつ 大阪市住之江区長 西原 昇 氏 3. 基調講演「地区防災計画づくりの経験の共有:到達点と課題」 東京大学 生産技術研究所 教授 加藤 孝明 氏 4. 住之江区 地域防災力強化事業-みらいにつなぐ防災人材育成- 報告 CERDコーディネータ 増田 裕子・住之江区役所 渡邊 芳枝 氏 5. ネパールとの連携活動 報告 NPO法人ネパール避難所・防災支援の会 森田 剛光 氏 6. パネルディスカッション「地区防災計画とコミュニティ防災」 ファシリテーター:佐伯 大輔(CERD) パネリスト:加藤 孝明、渡邊 芳枝、 三田村 宗樹、生田英輔(CERD)、増田 裕子 7. いのちラボ認証式  住之江区「ファミリートーク新北島」 8. 外部評価 9. 閉会あいさつ 都市防災教育研究センター 所長 三田村 宗樹 主催: 大阪市立大学都市防災教育研究センター(CERD) 共催: 自然災害研究協議会 近畿地区部会 後援: 大阪市消防局/阿倍野区/住之江区/住吉区/東住吉区/平野区/西成区/堺市 開催助成: セコム科学技術振興財団   【当日の様子】

加藤氏による基調講演

パネルディスカッションの様子

いのちラボ認証式

大阪市立大学都市防災教育研究センター コミュニティ防災フォーラム2019

都市防災教育研究センター(CERD)は、2019年2月16日(土)に、学術情報総合センター1階 文化交流室において「コミュニティ防災フォーラム2019」を開催しました。 防災に興味のある本学学生や教職員、地域防災リーダーや地域住民の方々、行政の防災担当者など約80名が参加しました。 このフォーラムは、CERDの1年間の活動の総括として毎年開催されており、これまでの成果発表について報告するとともに、防災の専門家や地域住民の方々を交え対話を行うことで、今後の課題などについて検討するものです。 今回の基調講演では、「地区防災計画制度創設から5年~成果と課題~」と題し、前福岡大学法学部准教授(内閣官房企画調整官)の西澤 雅道 氏にお話いただきました。 その他にも、東住吉区コミュニティ防災教室受講者による報告や地域防災拠点「いのちラボ」の認証式など、大変充実した内容で、参加者一同、今後の課題を再確認する有意義な時間となりました。 ⇒詳細(外部リンク)

【終了しました】大阪市立大学都市防災教育研究センター
コミュニティ防災フォーラム2018

2018年2月17日(土)に、大阪市立大学杉本キャンパスにおいて「コミュニティ防災フォーラム2018」を開催します。
今回のフォーラムでは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校公衆衛生・災害センター(UCLA Center for Public Health and Disasters)所長の David Eisenman 教授をお招きし、「コミュニティ防災力を高める市民の取り組み:ロサンゼルスのコミュニティ防災プロジェクトの教訓(Engaging the Public to Build Resiliece: Lessons from the "Los Angeles County Community Disaster Resilience Project")」と題した基調講演で、海外におけるコミュニティ防災に関する活動の事例をご紹介いただきます。
詳細(外部リンク)

【終了しました】大阪市立大学都市防災教育研究センター設立記念
いのちを守る都市づくり 地域防災フォーラム 2015

日時:2015 年 3 月 21 日(土)13:00〜17:50
場所:大阪市立大学学術情報総合センター 1 階文化交流室/ 10 階大会議室

 

  内容:大阪市立大学では東日本大震災以降、都市防災研究プロジェクトを立ち上げ全学的に被災地支援、 防災研究、防災教育を推進してきました。その4年間の成果を踏まえて 3 月 1 日に都市防災教育研究 センターが設立され、国内外の防災研究機関と連携しながら、巨大複合災害に向けて、最新の災害研究、 情報技術、都市科学を踏まえた新しいコミュニティ防災システムの確立を目指しています。このフォー ラムではこれからの都市防災のあり方について考えます。